スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kmama
 
[スポンサー広告
レースファスナーとラミネート生地で作るマチ付ポーチ作り方
PA242496.jpg PA242497.jpg PA242498.jpg

先日、ラミネート生地を初購入したので
友人のプレゼント用に
ポーチ作りをしました。
初めは裏地なしの一重仕立てで簡単に作ったのですが
やっぱり裏地も付けてもっと可愛く丈夫にしたいなぁ~♪と思い
再びリベンジです。
どんな感じに作ろうかと
布の合わせ方やサイズなど
色々と試行錯誤しましたが何とか完成しました。
作り方を自分の覚書き用に日記にしておきたいと思います。
簡単に出来ますので
良かったらお試し下さい☆

※画像はクリックで少し大きくなりますので
わかりにくい場合は大きくして見てください^^

(1)生地を裁断します

pouch1_20091027230750.jpg

生地をそれぞれ裁断します。
下の寸法は縫い代込みです。

        (縦cm×横cm)
表布A(2枚)→5cm×23cm
表布B→30cm×23cm
裏布→36cm×23cm
レースファスナー→20cm

ちなみに今回はハート柄の布のみがラミネート生地になります。

(2)ファスナー部分を縫い付けます

pouch2.jpg

表布Aの
横(長さの長い方)の端を片方だけ1cm裏側に折ります。(2枚とも)

pouch3.jpg

表面にレースファスナーを乗せて縫いとめます。
1cmに折った方とレースファスナーを合わせて縫って下さい。

pouch4.jpg

裏から見るとこんな感じです
縫い目ガタガタですが(;´▽`A``後から隠すので気にしない事にします(笑)

(3)(2)と表布Bを縫い合わせます

pouch5-2.jpg

(2)で縫い合わせたファスナー部分と表布Bを
中表(それぞれ表が内側にくるように合わせる事です。)に合わせます。

pouch5.jpg

上から1cmの所を縫い合わせます。

pouch6.jpg

縫った後
表から見てみるとこんな感じです。

ラミネート生地の場合
針の後が残ってしまうので
待ち針がさせません。
待ち針の変わりにクリップや小さな洗濯ばさみを使うと良いと思います。
ちなみにアイロンもNGです!

pouch7.jpg

反対側も同様に中表に重ね合わせて
上から1cmの所を縫い合わせます。

pouch8.jpg

両方縫い合わせて
こんな感じになります。
ファスナーを少し開けてみました。

(4)側面の縫い合わせとマチ作り

pouch8-2_20091027232330.jpg

次に
先ほどファスナー部分と表布Bを合わせたもの((3))の
側面を縫い合わせていきます。
端から1cmの部分を両サイドそれぞれ縫い合わせます。

pouch9-2.jpg

両サイド縫い合わせたらマチを縫います。
そこの両端を三角につまんで
縫うとマチが出来ます。
今回は上の長さでマチを付けましたが
長さはお好みで。
マチをつけなくてもフラットなポーチで可愛いと思います^^

pouch9.jpg

両方仕上げてこんな感じです。
これにて表は完成☆
次は裏に行きま~す♪

(5)裏布を仕上げる

pouch10.jpg

裏布を中表に半分にします。
長さが長いほうを折ってくださいね!
中にポケットを付けたい時は
  いったん表に折ってポケットを付けてから中表に半分にしてください。
  (ポケットの付け方は
下で↓簡単ですが説明を入れてありますのでご参考に)

(4)の最初の過程と同様に
両サイドを端から1cmの所でそれぞれ縫い合わせます。

PA242484.jpg 

縫い合わせたら縫い代をアイロンで割って下さい。

pouch11-2.jpg

表布の時と同様にマチを作ります。

pouch11.jpg

入れ口の所を上から1cm裏側に折ります。
アイロンを使うと綺麗に仕上がります☆

これで裏地も完成です(≧ω≦)b
最後は表と裏を合わせますよ~!!

(6)表布と裏布を合わせる

pouch12.jpg pouch12-2.jpg

裏地になる方だけを表に返して
裏にしたままの表側の袋にかぶせます。

pouch13.jpg

両サイドの縫い目を表袋と裏袋でしっかりとあわせ
ぐるりと1周待ち針で止めます。
ファスナーの近くはラミネート生地ではないので待ち針をさして大丈夫ですが
すぐ下はラミネート生地ですのでマチ針をあまり下からささない様に気をつけてくださいね。

pouch15.jpg

ぐるりと1周はしご縫い(コの字とじとも言うみたいですね)で縫い合わせます。
ちなみにはしご縫い(コの字とじ)はこんな感じです。

hashigonui.jpg

折り山と折り山をつき合わせてにして
縫い目を見せないで縫う方法です。
生地の裏側から針を入れ、隣り合った
二つの生地の表同士をつき合わせて、
わになった部分を交互にすくってとじます。
すくうときに生地に対して針が直角に
なるようにすくいます。
(絵はわかりやすいように布の間を開けて描いています。)
わかりにくい絵ですが(;´▽`A``
なんとか分かってくださいm( __ __ )m・・・(笑)

pouch14.jpg

裏地の入れ口のてっぺんと表布の↑の部分(1cm折った山のてっぺん)を
合わせて縫って下さいね。
コレで最初のガタガタ縫い目ともおさらばです(笑)
まぁ表からは見えてますけど(;´▽`A``

1周縫えたら表に返して完成ですッ(≧ω≦)b
お疲れ様でした^^


ちなみに裏地にポケットなどを付けたい時は
(5)裏布を仕上げるの段階で
半分に折る前に付けて下さいね。

ちなみに今回は

裏布と同じ生地の布を
縦12cm×横15cm(縫い代込み)
に裁断し

長い方の上部を1cmの三つ折りにし、上から5mmの所にミシンステッチを入れる。
そして残りの3辺を1cmづつ内側に折り
裏布のポケットを付けたい所に縫い付ける。
といった感じです。

PA242490_20091028002410.jpg

今回は上のサイズのポケットを
上から3cmの所で付けてみました。

あまり下過ぎるとマチを作った時に
ポケットの下が底になってしまうので注意してくださいね!

こんな感じになります。
わかりにくい説明ですみません。

友人用に作った色違いです^^

PA242499.jpg

また色々と試行錯誤で
あれこれ作ってみたいです♪
スポンサーサイト
Posted by kmama
comment:6   trackback:0
[手作り雑貨レシピ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。