スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kmama
 
[スポンサー広告
春の七草
pic235.jpg

今日は1月7日と言う事で七草粥を作ってみました。
スーパーで七草セットを購入して、生米からのんびり炊いてみました。
七草+人参の塩味でシンプルなお粥ですが、美味しくできました。

せっかく食べたので七草について少しだけ調べてみました。

1月7日の朝に、春の七草を入れた粥を食べて、一年の無病息災を願う行事を七草と言い
またお正月にごちそうを食べて疲れた胃腸を休めるのに食べるという意味もあるそうです。
もともとは中国から伝わってきた風習の様ですね。

1年の無病息災を願うという事だけあって七草のそれぞれには様々な薬効があるそうで

せり・・・食欲増進、解熱、解毒作用
なずな(ペンペン草)・・・止血、解熱作用。血圧を整える働き。
ごぎょう(母子草)・・・鎮咳作用。
はこべら(はこべ、ひよこ草)・・・抗菌・消炎作用。
ほとけのざ・・・日本では薬用されていませんが、中国では干して煎じたものをのどの痛みに用いるそうです。
すずな(かぶ)・・・胃腸虚弱に良いといわれています。利尿や便秘に効果あり。
すずしろ(だいこん)・・・消化促進、胃を健康に。食欲増進、利尿作用も。

先人の知恵が隠されているんですね。

ちなみに秋の七草(萩(はぎ)、尾花(オバナ)、葛(クズ)、撫子(ナデシコ)、
女郎花(オミナエシ)、藤袴(フジバカマ)、朝顔(アサガオ))
もあって、食べる春の七草に対して秋の七草は見て楽しむと言ったものの様ですね。
スポンサーサイト
Posted by kmama
comment:0   trackback:0
[手作り料理
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kmamas.blog82.fc2.com/tb.php/197-2675c7af
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。